シタデルカラーの使い方

シタデルカラーは水性アクリル塗料です。

水性なのでシンナー臭などの気になる匂いは全く無く、安全に使えます。

また普通の絵の具のように水道水でのばして使う事が出来るため簡単です。

その上、塗料の食いつきもよく、隠ぺい力が高いので下地の色を気にせずに塗る事が出来ます。


1.フタを閉じたままよく振る

まずフタを閉じたままシタデルカラーを上下からつまみ、手首のスナップを利かせてよく振ってください。

 

中身がとろとろになるまでしっかりと振ってください。特に金や銀などのメタルカラーの場合は粒子が重く混ざりづらいので余計にしっかり振ると良いです。

 

「SHADE」や「GLAZE」などの塗料は水気が多くあまり振らなくて良いと思いがちですが、これもしっかり振ってください。成分が分離したままだと乾いた時に分離した成分が白くなってしまいます。

 

※シタデルカラー「DRY」「TEXTURE」などのプリン状の塗料の場合は振る必要はありません。


2.フタを開けて筆にとる

フタを慎重にあけて、少し水を含んだ筆でひとすくい取ります。

このときに筆の根元まで塗料とつけると筆を傷める原因になるので、なるべく筆の半ばまでですくいます。

 

※新しくシタデルカラーを開ける場合、フタが本体とつながっています。力を入れて開けていけば自然と切り離されますので、ゆっくりと開けてください。


3.パレットに広げる

筆にとった塗料をパレットに広げます。

筆から塗料をこそぎ落とすように広げると良いです。

 

パレットはペイント用のものならなんでもかまいません。

クッキングシートなら使用後にそのままゴミ箱に捨てられて楽ですよ。

 


4.筆に水を含ませる

水入れに筆先をほんの少しつけて水を含ませます。

 

写真のようにほんのちょっとで充分です。

あまり水をつけると水っぽくなってしまいます。

 

塗料を薄く塗りたい場合は、水だけで薄めるよりも「ラーミアン・メディウム」という薄め専用のTECHNICALのカラーがオススメです。

こちらを使えば均等に色が薄くなります。


5.パレットで筆を使って塗料をこねる

含ませた水とパレットに出した塗料を、筆でこねるようにして混ぜます。

 

筆先全体にまんべんなく塗料がつくようにします。


6.ミニチュアに塗料を塗る

塗りたいミニチュアに筆をつけて塗っていきましょう。

筆の水気がなくなってきたら、再び4に戻り、水を含ませて、パレットでこねて塗りましょう。

 

パレットの塗料がなくなったら一旦筆を水で洗い、キッチンペーパーなどでふき取り塗料を一度取ってから、2に戻り塗料を取ります。

 

シタデルカラーは乾くのが非常に早いので、二つのミニチュアを交互に塗ると乾燥を待たずに次々と塗ることが出来ます。

 

※塗料が手などについた場合は、水気を含んだティッシュなどで強めにこすれば簡単に落ちます。べったり付いてしまった場合でもお風呂でお湯につけてこすれば簡単に落とせます。



シタデルペイントシステム

実際の塗装の仕方は「ペイントシステム」を参照してほしい。

シタデルカラーにはその用途に応じて色々な種類の塗料がある。

下地塗りに最適な「BASE」、陰影をつける「SHADE」、ハイライトに最適な「LAYER」,ドライブラシに特化した「DRY」、色調を補正する「GLAZE」、ミニチュアの土台に盛る「TEXTURE」、そして特殊な効果を生む「TECHNICAL」だ。

これらを順番に塗っていく事で、簡単に立体的な塗装が出来るのだ!

塗っていてはみ出てしまったら

ミニチュアは小さいので塗っていてはみ出てしまう場合もあります。

塗ってすぐの状態なら濡れた綿棒などでふき取ることで解決できます。

ただし乾いてしまった場合、シタデルカラーは耐水性を持ちますので消すことは非常に難しくなります。

その場合は後から正しい色を重ね塗りしてしまいましょう。

シタデルカラーは隠ぺい力が非常に強い塗料なので、そこまで厚塗りしなくても下の色を容易に隠すことができます。

 

塗料を完全に落としたい場合は、お湯につけて歯ブラシなどでこすってください。

服についた場合は取るのが困難になるので、なるべくエプロンなど汚れても良い服装で塗ってください。